穀物の使用について

健康を保つため、体に大事な栄養と言われていても過剰に摂取してしまえば、何かしらの悪影響を及ぼす可能性があります。たとえば猫に与えていたキャットフードに含まれている穀物が、本来与えても良いとされている基準を超えているものを与え続けたら、どのようなことが発生してしまうのか紹介します。

立つ猫そもそも猫は、肉食です。そのため体内に含まれている糖質を分解する成分量が少ないのですが、市場に出回っているキャットフードの多くに穀物は含まれています。それにより、食事をしたときに穀物を大量に摂取するので、膵臓が消化しようと活動が活発になるので大きな負担となってしまいます。その結果、スムーズな消化を行えないので胃や腸にも影響が出て、消化不良となってしまうのです。また穀物が多いと必然的に糖質を摂取することになり、肥満となって糖尿病を発症する可能性もあります

しかしながら、穀物を多く含んでいるキャットフードはデメリットばかりなのに、出回っているのでしょう。現状どのくらい穀物を含んでいると悪影響が発生するのかという明確な判断がされていなくて、キャットフード自体の単価を下がるという項目で大量に含まれているのです。そのため、食物アレルギーや泌尿器系の病気の原因となる穀物を極力含まれていないキャットフードを選んで与えるようにしましょう。